懐かしい街で、懐かしい景色と新しい景色と。パートⅣ

懐かしい巴川沿いに行ってみました。

画像


画像



通っていた小学校の校歌の歌詞にも

♪豊かに流れる 巴の水に 写る青空♪という歌詞があるのですが(静岡としては珍しく富士山が校歌の中になかった)私が子どものころは、環境が悪く、公害や交通戦争など、空気も水も一番悪い時だったので、残念ながら、昔は泳げたという巴川は、泡のいっぱいの汚い川だったんです。

巴川は静岡市内の平野部を流れる川で、ほとんど高低差がない川です。

そのため満潮の時は、川が逆流し、ここで行われる、灯篭流しの時も、灯篭が戻ってきたのを覚えています。

高低差がないために、よく氾濫し、七夕豪雨の時にはしばらく水が引かず、大きな被害が出ました。今は大谷川の放水路が長い時間を掛けて完成して、水があふれることはなくなりました。

不思議なことに(いや 自分限定ですが)子どものころ、巴川の河口近くに住んでいて、中学の時には巴川の上流に移り住みそして、結婚後も巴川沿いに暮らしているんです。

護岸もその周りも整備されて、綺麗になっていました。この一本中が清水銀座なんですが、そちらの賑わいとは違って、誰もいなくて、静かに思い出に、そして、新しくなった川を眺めていました。

あら?

河童がいる。(下の写真の左の護岸の堤防の上)

画像


この橋の上にも。


画像


画像


そういえば、河童の話、あったなあ~。この巴川の源流になる、麻機沼には沼のばあさんの物語があり、暴れ馬との別名の巴川の歴史が産んだ話とわかる話です。

画像


それにしても綺麗になりました。

画像


でも護岸の横に見えている道路の反対側にはこんな路地裏も残っていました。つまり、左が上の写真、右がもう一つ上の写真になります。右側は新しくなっていますが、左側には古い家がそのままのところもたくさんありました。

画像


画像


画像


あれ? サッカーのまち 清水を見つけたんじゃなかったの???

お待たせしました~~(ってほどでもないけど)

画像


画像


これは静岡市清水区(旧清水市)にしか、ないんじゃないかな?旧静岡市には別のものがありますよ。

このあとまたまた、懐かしいものを見つけました。しつこく続く~~~(*^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

moo
2011年07月14日 12:31
こんにちは、慶さん。

なるほど~!
仕切り弁や消火栓のふたに
「サッカーの町・清水」がありましたか!?
でも、オシャレですね!

慶さんの一生が、巴川のほとりで・・、
とは、縁のある川なんでしょうね!
でも、綺麗な川になってよかったですね。

昔の川は、何処もヘドロの川、
メタンガスの泡がブツブツ上がっていましたね!
私の場合、東京の目黒川、横浜の帷子川、
高度成長期、ひどいものでした。
今、帷子川はアユなどが上って来ているそうです。(*^。^*)
昔の捺染工場の黄や赤の廃液流れる川からは、
考えられません。(>_<)

東京の小学校時代遊んだところ、
今は、どうなってるだろうなぁ~!?
慶さんのように、懐かしいものが見つかると、
いいんだけど・・。
ちょっと昔に想いを巡らすことができました。
ありがとうございまいた。(*^。^*)

2011年07月14日 18:59
慶ちゃん、こんばんは。私たちの子供の頃の都会の河川はみんなメタンガスが発生するような汚い川でしたね。それが今では下水道も発達したり、工場など廃液の基準も厳しくなって綺麗な川を取り戻しましたね。そうですか、静岡に来て3回住むところが変わったですか。綺麗な町になることは良いことですがふるさとがなくなるようで寂しいことはないですか。
2011年07月15日 08:40
mooさんへ,
 おはようございます。
 そうなんですよ。かなりモダン(?言い方が古い!)デザインですよね。色もカラフルだしでも、これって旧清水市のマークが入っているの、かなり年季が入っているはずなんですが、今でも綺麗ですものね。
 泡で分かる人にはわかるのね(^_-)昔は子供のころお年寄りに「昔は魚もいっぱいいたし泳げたんだよ」と言われて「へえ~!」って思ったけれど、今は「昔はヘドロっていうのがあってさ、汚かったんだよ」って子どもに教える(だから、綺麗にしないとって)のかな?
 工場の廃液、家庭からでる洗濯の泡で、どろどろぶくぶくでしたものね。
 新しいものもそして、古い懐かしいものも見つけて、久しぶりに清水での暮らし=小学校の頃の思い出に、思いをはせました。
 懐かしい気持ちがわかっていただけで、うれしいです。ありがとうございました(*^。^*)
2011年07月15日 08:50
山ちゃんへ
 山ちゃんにも泡で、ヘドロの河川がお分かりいただけるんですね。子どもたちにはなかなか分かってもらえないんですよ。考えてみたら、公害、交通戦争、カネミ油中毒・森永ヒ素ミルクなどの食品汚染など、凄い時代を生き抜いてきましたよね。慶は森永ヒ素ミルクは丁度ジャストですもの(工場が違ったけれど、丁度飲んでいた)。
 静岡に来て段々上流へ上がって言った感じですよ。旧静岡市からの記憶の方が残っている(なにしろ40年以上になりますから(^_^;)し、案外清水市の記憶って飛んでいるんですが、久しぶりに思いを馳せました。伊那の方は何かと言うと帰っていたので、しょっちゅう見ているのですが。まだまだ、いっぱい懐かしいものは残っていました。いずれはなくなるでしょうが、すんでいた家もそのままだったしね。でも耐久年度から言えばもう限界ですものね。ぎりぎり面影が見れて良かったです。

この記事へのトラックバック