駿府城跡お堀の修復

先週は台風がきて大荒れだったし、台風が思ったよりも早く抜けたものの、そのあとも不安定な天気と、今までの暑さが嘘のような、涼しい日になったりして、体調管理が難しいですね。

せっかく涼しくなったのに、うごく気にならず、7月23日の土曜日は車が使えなかったので、バスの終点まで乗って(50分)整形外科に行って帰ってくるとやはり3時間ではおさまらず、一日使ってしまったような気分。

でも、バスの中から、しっかりお堀を写して来ましたよ~。

あ、整形外科に通っているのは、6年ほど前からある手指・手首の関節炎ですが、これまでも何件か掛かってみたんですが、他のところでは 痛い時に痛みどめを飲んで、痛い時に塗り薬を塗るように、外用薬や内服薬の投与はありますが、リハビリって言うのは全くなかったんです。検査してリューマチではないとわかると、まあ、年齢的には仕方ないですよで終わりだったんです。でも、この病院はちゃんとリハビリでもしかしたら動かなくなっているところが動くようになるかもと言うことで、通ってみているんですよ。よくなったら、また子細を報告しますね。

でもって、写したかったのはお堀の修理のところなんですが、

画像


なんだか、ものすごい警備です。


画像


外堀から内堀へ入ち口にバリケードです。こんなの初めてみるから、ちょっとびっくりしているんですけど、他の人はなんとも思っていないような…。


奥に見えているのが静岡県庁なんですが、誰か大物が来たんでしょうか?

と言っているうちに、このゲートのあるすぐ横が、現在まだ修理中(2年前の震災の時崩れた場所)のところ。行きのバスの中からの角度だと丁度よくわかる位置になるんです(*^^)v

画像




そして、修理の終わったところ。石が足りずに別の場所から持ってきた石で補修したということなんですが、くっきり、はっきりその石がどれかわかっちゃいます。

画像


画像


以前のお堀の記事は→こちらを見て下さいね。リンク先はブログ内をお堀で検索して出てくるところなんですが、こうして見ると結構記事にしているな~って思います。ヒガンバナの時などもいいので、興味のあるところの記事を見て下さいね。

さてさて、整形外科はとっても混んでいました。何しろこの日は台風明けの日でしかも土曜日の半日ですから、いわゆる立座の余地は全くない状態。12時まで受け付けで最後の人は3時になると言われていましたよ。

帰り道気になりながら写せなかった、ランタナの花を写して来ました。

画像
(バス停から医院までの途中で)

一番気になっていたのはこのランタナ

画像


画像


画像


整形外科の駐車場入口の花壇で。

画像


帰り?帰りはバスの中でZZZZ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2011年07月28日 18:08
慶さんのブログは駿府城が一つのモチーフになっているように伺えます。バックナンバーも折にふれ拝見させていただきます。
石垣は2年前の崩壊部の修理がまだ完成していないのですね。これを造るのはどんなに時間と労力を必要としたか、たいへんなものなんでしょうね。
リハビリ、頑張って下さい。はやくよくなられますように。
2011年07月28日 21:39
慶さん、いつもエネルギッシュに行動しているみたいなのですが、関節炎との事。スッキリしない気分の中、そんな気配を微塵も感じさせずにいつも素敵な出会いを
慶さんの発見は楽しいですね。小さな事も見逃さずって感じで・・・
ランタナすごく可愛い
2011年07月29日 07:06
慶ちゃんおはよう。
駿府城石がたらなかったから新しい石を追加しましたよね。新しいと違和感ありますよね。
修復に結構お金かかったみたいですね。
昨年行った時にはまだ慶ちゃんが写した場所にはブルーシートかな工事中かな何かやっていましたね。
手の関節炎ですか毎日使うところだから、大変ですが文章からはそんな感じ、微塵もないですね。
リハビリやってもらって楽になってブログ継続してくださいね。
変わった色のランタナ可愛いですね。
いつもカメラ持ってる慶ちゃん、私と同じ気分です。狙ってますね。良いもの・・
今日も頑張って・・慶ちゃん
2011年07月30日 08:44
エフ・エムさんへ
 駿府城跡は内堀の中は駿府公園、外濠と内堀の間は公共施設や学校があり、本当に身近にあって当たり前のものだったのですが、最近になって、再認識するようになりました。
 これを造った時の人智と言うのはすごいものだったなあと感心します。これだけ重機があっても出来ないものがあるんですものね。再現されたお堀はやはり元通りとはいかないですものね。
2011年07月30日 08:58
bellさんへ
 エネルギッシュというか、行かなきゃならないところが合ったら、ついでに楽しんじゃお、って事ですかね~。その行き先をちょっと見まわしてみるとちっちゃいけれど、結構面白い発見がありますよね。案外歩いたり、自転車でないと見れないものなんかもあるし、逆に電車やバスでちょっとだけ足を延ばすと、知らない街があったりね。
 手指の方は6年ほど前からで、カメラのシャッターって右手の人差指でしか押せないでしょ?結構工夫がいるんですよ。しかも手作りマクロレンズ(平たく言えば虫眼鏡でんな)も前にあてがいたいし、ピントや露出の調整はしたいし。でもなんとかなるもんですよ。股関節の方の調子はいいので、今はどこでも行けちゃうしね~。
 この、黄色のランタナ、かわいいでしょ?ちょっと欲しくなっちゃいますよね~。背もまだ小さくってほんとかわいかったわ(*^^)v
2011年07月30日 09:07
山ちゃんへ
 おはようございます。
 お堀の新しい石の表面に斜めのすじはあれはわざとなんでしょうかねえ。それとも機械で削ると後がついてしまうんでしょうか。模様として入れているんでしょうか。なんにしてもなじまない感じがあって気になりますね。山ちゃんが見たのは、ここにブルーシートが掛けてある時ですね。つい最近になってやっと撮りましたもの。その前は崩れたままシートが掛かっていて、メイン通りなのに、ちょっと残念!な感じでしたね。
 リハビリの方はやはり同じような症状の友達が通っていて、詳しく調べてくれて、リハビリもあっていいわよと言うことで、ちょっと遠いけど行ってみようかと。どこまで回復するかはわかりませんが、地道にやってみようかと思っています。
 慶は特に雑草なんかが多いので、次の日に見ると刈られてなくなっていたりなんてことも多くって、いつどこで何を見つけるかわからないので、バックの中に(1眼レフでも小さいからいいですよね)入れています。チャンスは前髪だけ、後ろはつるっつるですから(*^^)v

この記事へのトラックバック