トロピカルな花を

しばらく、地味~な記事が続いたので、ちょっと、いや、慶にしてはかなり派手な花を。


いやなに、アップしそびれちゃっていたっていうのもあるんですけど。

本当はまたまた、地味な小さな花も、それから、ちょっとお出かけした時見つけたものも、アップしたいんですけど、特に昨日はカタツムリばかりだったからねえ。ちょっと色気を出しときます。

まずは 6月14日 近くの施設前の花壇で

画像


画像


画像


     

6月18日 毎年たくさんの花はつけられないし、実もならないけれど、咲いた花はなかなかの派手な花。フェイジョアという、トロピカルフルーツの花。

画像


画像


画像


 こんな華やかな花なのに、蕾はあまりに地味です。花も葉の陰に2,3輪咲いているだけなので、気がつかないで通り過ぎてしまいそうになります。

画像


      


画像


画像


仏陀の血の色と言われる、カンナと、ノカンゾウもお互いに毎年色を競うように咲きます。6月27日)

      

画像



7月15日夕方。暑い日だったけれど、自転車を漕いで30分のところまで往復。カメラも持って出たものの、この日は収穫なしかあ、と思った、その時目に飛び込んできて、思わず引き返して激写!

トウワタと言う花です。ちょっと色がなかなかなもんです。

画像


画像


画像


どうですか?危険色って感じません?そうなんです、毒を持っているんですよ。



今日は、やたら派手派手で、迫ってみましたが、いかが???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

TAKA
2011年07月23日 02:12
フェイジョア!!
という名前だったんですね。
この花、TAKAの勤務先の前に毎年咲くんですよ。
名前がわからなくて・・・気になってたんです。
よかった~慶さんが教えてくれて^^
2011年07月23日 19:00
慶ちゃん、トロピカルフルーツの花も、トウワタも初めて見ました。いかにも強烈な色彩危険、近寄るでないって感じですね。
2011年07月23日 21:32
慶さん、派手な花良いですね
フェイジョアってお花初めて見ました。蕾の地味さを払拭するかのように色も形も派手な花になるのね。bellも今日は派手な花をアップするつもりでいました。やっぱり気が合いますね また覗いてみてね・・・
2011年07月24日 09:20
トウワタには猛毒があると言われると、かえってこの不思議な色の花に惹き付けられます。
チョウやハチもこの花に近づかないそうですが、どうでしょうか。北米にいるオオカバマダラは別で、この毒草を食草にしているそうですが。
2011年07月24日 12:57
TAKAさんへ
 フトモモ科の植物のフェイジョア、花は少しだけつけるのですが、実になるのは見たことがないんです。どんな実なのか実際に見てみたいですけどね。
 TAKAさんのところでもし、実になったら、見せて下さいね。ちょっとみ、キュウイフルーツのような感じの実になるそうです。
2011年07月24日 13:01
山ちゃんへ
 危険なこの色に、ついふらふらと…、なっちゃうんじゃないかしら。確かに綺麗ですものね。でも毒のあるものって、どうしていわゆる毒々しい色をしているのかしら。しかも雌蕊をブロックするような、棘のようなものはどういう意味があるんでしょうね。不思議だわ~
2011年07月24日 13:07
bellさんへ
 時にはこういうはっきりとした花もいいですよね。どうも、横文字が苦手な慶はちっとも名前が覚えられないんですよ。意味がピンとくる日本語だと漢字が思い浮かぶので、なんとか覚えられるんですが…。
今時期的にやはり南国の花がいいですよね。といいながらも、今日もちっこい、花を写してしまった❣
2011年07月24日 13:13
エフ・エムさんへ
 確かに、このトウワタの花、花も小さいですし、綺麗な花ですよね。ランタナもこんな色のものもありますものね。どうして毒を持っているのか、そして、その毒をわざわざ取り込む蝶がいるっていうのが、ちょっと不思議ですね。アサギマダラもフジバカマの毒をオスだけ取り込むとか、不思議な生態がありますね。そして、蝶の胴体にも、危険色ならぬ、模様がありますものね。アップにすると、ちょいこわいですね。

この記事へのトラックバック