懐かしい街で、懐かしい景色と新しい景色とーおまけ編

清水の町に行ったのに、何を駿府公園内をうろついたかと言うと、行きがけのバスの中からこれを見つけ、帰りに寄れたら先日のお堀の続きを見てみようと思ったんですね。

バスの中からとった写真です。

画像


西郷山岡改憲の地の史跡です。たぶん最近になって整備されたのだと思いますが、先日お堀のことを調べていて、慶応4年(1868年)に松崎源平衛の屋敷で 西郷隆盛と山岡鉄太郎(鉄舟)が、徳川方の処分について話あった場所がある、とあったので、どこだろうと思っていたんですね。そうしたら思いがけずバスが止まった目の前にあったので、思わずカメラを取り出してパチリ。

バスターミナル駅(現在改装中)手前を静岡駅に向かう途中にありましたよ。

そして、駿府城跡の一角にある文化会館の周りでも、古いお堀の石垣を使ってあるところがあるのに先日気がつき、再度良く見てみようと思ったんですよ。

たいして面白くないことですが、ちょっと歴史を感じちゃってね、丁度通りかかる道なので、覗いてみました。

画像


文化会館の前の一角の植え込みです。今はシソ科の葉物が涼しげですが、その端に写っている花壇の石垣ももしかして、お堀の石垣と同じものではないかしら?


道路を隔ててむかえはお堀です。

画像



画像


上の写真の堀に覆いかぶさるように木々が茂っているところが紅葉山庭園の、裏山になります。

画像


6月11日の紅葉山庭園側から撮った写真です。後ろの方の松の木が、もう一つ上の写真に写っている松の木になると思います。

画像


丁度1カ月前になりますが、紫陽花がひっそり、静かに咲いていましたよ。


そして、内堀から外堀に向かう途中の石垣はこんな感じです。

画像


画像


今は市営の体育館があるそのまわりの石垣なんですが、もしかして、これってお堀の石と同じではないかしら?

そう、思ってみると、あちこちに大きな石が置いてある(残っている)のが目につきました。

画像


画像


画像


画像


こんな風に植え込みに飲み込まれてしまっているものもあります。


そして、この道をまっすぐ行くと内堀から外堀に出ます。

画像


外堀にある草深御門の手前というか、内側は

画像


真横から

画像


画像


草深御門を外側から

画像


いつも見慣れた景色で、この堀もすごいとあまり思ったこともなく、あって当たり前にいた駿府城跡ですが、認識新たになりました。

ついでのおまけ。

画像


画像


家のすぐ前にも お城がありました(*^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

山ちゃん
2011年07月22日 09:20
城の石垣は好きで当時の人を感ずるね。
花壇とか色々なところに石垣やそれらしい石が見られますがこれらは堀を埋めた時に、石垣まで埋めるのはと当時の人が思い利用したものや、初めから使用されずにあったものかな。いづれにしても駿府城と同じ歴史のある石垣等でしょうね。
2011年07月22日 09:21
山ちゃんへ
 いつも、立派な石垣を見ていてそれが普通だったのですが、これだけのものを造るってすごいんだなって再認識しています。写真にはないんですが、最近補修された石垣の新しい石は、やっぱりなんだか見た目も軽く見えちゃうんです。
 そして、ここにある、置いてあるだけの石には、重みがあります。このまま、ずっとここにあるのかな

この記事へのトラックバック