加茂荘にて

先週末の島田宿をまだうろうろしていて、加茂荘の花菖蒲と紫陽花、だいぶ様子が変わってしまっているかもですが、6月15日水曜日に実家の母親を連れて、加茂荘に行ってきました。

実家の母親は近くで弟一家と暮らしていますが、孫が3人ともこの春から各地で学生生活を始めて、共働きの弟夫婦と、ちょっと微妙な同居生活です。昔のように家事全般をやってということもできなくなって、弟夫婦との関係もなかなか難しいところがあり、時々こうしてプチ旅行に連れ出すのです。

と、言うのを口実にして、実は慶が行きたいところに行っちゃうんですけど(^^♪

なので、今回は丁度時期の加茂荘に行ってきました。

昔の加茂荘しか知らない母親は、まあ連れて行ってくれるなら、いいけど…とあんまり加茂荘に期待をしていない様子。

でも途中から車の列に驚き、そして中に入って人と、そして何より一面の花菖蒲に感嘆の声です(やったね(^O^)

母親は写真には全く興味がないので、慶の2歳の孫はカメラの変わったことにすぐ気がつきましたが、母親は、「新しいカメラを買ったんだよ」と見せても、「そ~う?」と全く気がついていない様子。そんなわけで、思うようには写真がとれていないんですけど、素晴らしい写真は他の方にお任せして、ちょっと別の角度から。

画像


画像


紛らわしいアヤメ科の植物の見分け方。

池には睡蓮もあって、良く見ると、オタマジャクシがいっぱいいたんですけど、でっかいオタマジャクシがいました。

画像


うまく写せなかったんですけど、わかります?上下どちらの写真にもオタマジャクシの右上にメダカもちらりと映っています。普通のオタマジャクシは今丁度このメダカほどの大きさでしたから、いかに大きいかお分かりいただけるのではないかと。メダカもちょっと大きめなんですよ。

画像


いつもなら、へばりついて写すんですけどね、何しろ人も多いし、通路ですから、顔が写せなくて残念ですけど、仕方ありません。たぶんウシガエルのオタマジャクシだと思うんですけど、「大きいオタマジャクシ❣」と言えども、花菖蒲を見に来た方達の耳には入らないようで…。(当たり前ですけど(^_^;)

画像


画像


ミズキンバイ。スタッフに声を掛ければ1枝(どのぐらいかしらね?)500円で売ってくれるそうです。

画像


画像


庄屋屋敷加茂荘です。この花菖蒲園の名前の由来になった庄屋屋敷跡です。

画像


花菖蒲の周りには紫陽花の花も様々な品種が咲いています。


画像


こんなセピア色の紫陽花も。まだまだありますよ~~。続く~~~(*^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

moo
2011年06月22日 12:13
こんにちは、慶さん。

自分の行きたいところに連れていく親孝行、
そして、大喜びのお母さん、大成功!
良かったですね~!(*^^)v

最初の写真、
適当に人が入っていて、良いですね。
こういう感じも、好きですよ~。

菖蒲類の見分け方、
皆、良く分からないんだね~!
説明書きを見た時は、
良く分かるんだけど・・!^_^;

前記事になりますが、
川越の川札、値段の決め方なんか面白いですね。
結構、高い気がするけど、
間違って、途中で転んだりしたら・・・、
と思うと、命がけ、
となると、安いのかな!?です。

おじさんとのやり取りも、面白かったです。
ありがとうございました。(*^_^*)
2011年06月22日 16:42
mooさんへ
 こんにちわヽ(^o^)丿
 おほほ、親孝行のふりをして行きたいところに行っちゃうと言うね(^^♪この後も加茂荘の記事が続くので懲りずに見て下さいね。
 菖蒲科の見分け方はいろいろ言うんだけれど、実際には交配してしまっているものもあったり、これに、アイリスとかジャーマンアイリスなんかもあるから、分からないですよね。祖先還りもあるしね。もう名前には触れない方がいいかな~って感じですよ。
 
 前記事に川越の値段、追記しました。大井神社でも川越人足が必ず朝お参りし、無事に仕事が終わると河原の石をお礼に運んだとありますから、本当に命がけだったでしょうね。今でも木でできた、蓬萊橋http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%93%AC%E8%8E%B1%E6%A9%8B_(%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C)というのがあるのですが、良く大雨が降ると流されてしまいます。
 このおじさん、もう一度会いたいな。おばあ様も品のいい素敵な方でしたよ。
 ありがとうございました(*^。^*)
2011年06月22日 19:13
慶さん、素敵なところにお出かけだったんですね。しかもお母様を連れて(^^)♪いい思い出ですね。
花菖蒲見事ですね☆それからセピア色の紫陽花!初めてです。本物みたいなぁ~
2011年06月23日 08:45
bellさんへ
 おはようございます。いつも、コメントありがとう
 正確に言うと薄い鶯色の花なんです。めずらしいでしょ?なかなかいい感じですした。
 この花菖蒲園は山ちゃんの行ったところと同じですよ。今年は花期が少し長くて人がたくさん訪れています。
ふくろうおじさん
2011年06月23日 18:32
慶さん
コメントありがとうございます!
小生の作品はドンドンUPしていただいて結構です!
楽しみにしていますので、連絡下さいね!!
2011年06月24日 00:04
ふくろうおじ様へ
 まあ~、こちらにもコメントをありがとうございます。先日お茶の里でも、花鳥園でもふくろうおじさんの作品にお目にかかり、そして、加茂荘で石像に本物のおじ様思わず「ふくろうおじさん!」と叫んだのが慶ですm(__)m失礼しました。あの石像は出来たばかりだったんですねいやあ~、いい日に出会えたんですね。うれしいです。ご期待に添えるかどうかですが、早速記事にさせていただきます。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック