駿府城跡の歴史を たどって

先週たどった歴史散歩(?)、まだ、記事に出来ずにいて、1周ずれています。まあ、長い歴史の中ではほんの一瞬と、甘~い眼で見てやってくださいね。

先週の週末は、本当は花菖蒲でも見たくて、オットをけしかけてみたものの、オットのお尻は重く、車も使えなかったので、徒歩+自転車+JRで、近隣を訪ねてみたのでした。

まず、駿府城跡の駿府公園から。

先に何度か記事にしているので、そこに載せてないものから。

画像


静岡市で作成しているお堀の地図から。今回はこの右半分にある、本堀の復元されたところに行ってみました。

※濃い水色は現在のお堀、薄い水色は当時のお堀を現しています。


画像


 駿府城は、もともとは今川家がおさめていたものを、徳川家康が大御所として駿府に入り、それまでの駿府城を全国の大名に命じて糸周り大きくしたそうです。もともとは3重の堀に囲まれていたものが、外堀、内堀はかなりの部分そのまま残っていますが、本堀は明治29年に埋められてしまい、最近になって発掘調査、一部が復元されています。

 復元された一部が上の写真の堀です。ここから前回紹介した2ノ丸水路につながっています。

 同じく本堀の一部、辰巳櫓前です


画像


画像


画像


平成8年に復元された東御門を本堀側から見たところ。この右側に平成元年に復元された巽櫓(たつみやぐら)があります。

画像


今回はまたも時間切れで入れなかったのですが、巽櫓、東御門には入場料200円、紅葉山庭園とセットで300円で見ることができます。

帰りがけに内堀の北御門の石垣も見てきました。

画像


北御門の内側です。階段状に造られた支えにする造りでしょうか?これを表側から見たのは、こちらの記事の最後の方の写真になります。

画像


画像


この立て看板を写している時に現代の負の遺跡を見つけてしまいました(;一_一)

画像


写真をクリックして大きくしてみてください。石積の隙間に飲料の空き缶が。もっと奥にはなぜかビン詰めの空き瓶が入っています。どうやって入れたのかちょっと疑問な場所で、少なくとも慶の手では届かない奥の方に入っているんです。ちょ~~と恥ずかしい遺産になってしまいますよね。

ところで、なぜ駿府城が全く姿がないのか…。

駿府城は造られてから、2度の大火で焼失再建、そして1707年の宝永の大地震で石垣倒壊、建物1/3消失。

さらに再建された石垣、建物も1854年の安政の地震(大はついていない❣)で、全壊したそうです。

え?てことは、確かに150年に一度は大地震が起きているんですよね…。慶が子どものころから叫ばれている東海大地震(今は東南海大地震が予想)は、もしかして前回の2倍は大きいかもしれないですね(Q )) ><ヨヨ



さてさて、駿府城は地震の後1858年に修復されますが、大政奉還に伴い、明治3年から9年までの間に順次払い下げられ、明治9年には取り壊される運命をたどることになります。

長く市民に親しまれている駿府公園は憩いの場所ですが、激動の歴史があったんですね。



PT-009 駿府城 「日本の名城 - 緑」ポストカード
写真工房
山口 博之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PT-009 駿府城 「日本の名城 - 緑」ポストカード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2011年06月19日 14:44
慶さんこんにちは、
城はその時代を直接感じさせてくれますね。ですからすごく好きです。
昨年11月頃に駿府城と小田原城を連続で訪れました。駿府城の石垣は今回の地震での修復以外は当時のままですかね。堀も石垣も良いですね。その他だんだん復元してくれると良いですが財政がね。難しいですね。・・・
2011年06月19日 21:17
山ちゃんへ
こんばんわ。こちらにもコメントありがとうございます~♪
 昔のままのところもありますが、巽櫓のあるあたりは全部積みかえたと思います。石垣の上の松の根が張ってきて石を割ってしまっているところもあります。時々一部石を外して 組み直しているのもみていましたが、地震で崩れてしまったところは石が割れてしまったり、どう組んであったかがわからなくなってしまって、復旧が難しかったようです。それに、もともと組み直した方がいいと言われていたところで、もちろん財政もあるでしょうが、技術的にも本当に難しいですよね。昔の人は偉かった❣

この記事へのトラックバック