白い花と 名前のわからない小さな虫に出会いました(^O^)/

城北公園のなんじゃもんじゃの樹を見に行って、少し公園の敷地内であまり人の入らない樹の間を散策して見ました。

すると、白い小さな花の咲いた樹がありました。まだ苗木なのか、丁度慶の目の高さまでしかない木ですが、たぶん秋に実がなるんだろうなと言う感じの、バラ科かなと思う花でした。後で調べたら、カマツカではないかと思うのですが。

ソニーのデジ一の練習で、花をまず写してみました。(マクロレンズ3倍ズーム)

画像


コンデジはピントが合う範囲が広いですが、デジイチはピンポイントで、難しいですね。

蕊にピントが合うようにやってみましたが

画像


画像


画像


同じアングルで、コンデジ(ニコン クールピクスL100 マクロ撮影で)の方で写してみました。

画像


ズームをいっぱいにして

画像



一輪だけ咲いているのもきれい。

画像


なんてやっていたら、アブ(?)の仲間でしょうか、小さな虫がやってきました。

画像


今度はコンデジから、デジイチ(ソニー NEX-3)にカメラを変えて写してみましたよ。

画像


一見コンデジで写した方がはっきり見えますが、画面をクリックして拡大してご覧ください。上のコンデジで写した方では後ろのお腹(尻尾?)の縞模様が2色のように見えます。下のデジイチで写した写真はちょっとぼんやりしていますが、(羽にピントがあってしまっている)お腹の模様が3色で綺麗な水色が入っているのがわかります。もうちょっとドンぴしゃに、ピントが合えばもっとはっきり綺麗に写るのでしょうが。

草の陰に小さな虫が潜んでいました。

こちらもデジ一と、手作りマクロレンズで横から覗きながら写しました。

あまり虫がお好きでない方は、ご覧にならない方が…

画像


画像


この虫は何でしょうね。ハンチュウ?でしょうか?葉の裏から見える足だけみるとクモかなと思ったんですが、違いますよね。足をのぞいた長さが1センチあるかないかぐらい。つかまったテントウムシはこれまた小さく2ミリぐらいの極小の虫です。このあとテントウムシは持ち上げられて…写真も撮ったのですが、慶がびびっているので、全部手ぶれになってしまいました~。

winning-field さんからシマサシガメの幼虫ではないかとのコメントをいただきました。ありがとうございます。他の写真ももう一度見てみました。確かにこんな虫だったと思います。葉の後ろ側だったので、横からしか写せなかったのですが、姿は一応目で見ることはできました。それにしても、カメムシの仲間って、いろいろいるんですね\(◎o◎)/!


NOZOさん からも、サシガメとの、コメントをいただきました。いつもありがとうございます。

 NOZOさんもおっしゃっているように、サシガメラの襲来!なんて怪獣映画になりそうな風貌ですね。
 でもかわいく見えるテントウ虫の幼虫も、ほたるの幼虫も、このサシガメに匹敵するぐらいの風貌で、その生態は本当に不思議です。小さな花の仕組みもすごいですけど、小さな虫たちの生きて行く仕組みもすごいですね。



お口直し(?)にかわいいお花を

画像


こんなかわいい花の下では 虫たちの攻防もあるんですね~\(◎o◎)/!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2011年05月07日 15:32
こんにちは。
テントウムシを捕まえている虫、背中側の模様が見えないのではっきりしませんが、口吻でテントウムシを刺しているのと、脚の白黒の縞模様から判断して、シマサシガメ(カメムシの仲間)ではないでしょうか。お腹の周りに張り出した白黒模様があるようにも見えるし・・・大きさからすると、幼虫?
2011年05月07日 16:14
winning-fieldさんへ
 こんにちわ(^O^)/
 ありがとうございます。今調べてみました。そして、写真も良く見てみました。足で捕まえていると思っていたのですが、本当だ、口で突き刺しているんだ!この後、大きくテントウ虫がほおり投げられるように振られていたんですけど、頭をふっていたんですね。確かに体の周りに縞があり、足に3本白い縞がありますね。シマサシガメ ううう~む、名は体を表す ですかね\(◎o◎)/!
NOZO
2011年05月07日 21:19
やっぱりサシガメですよね。
ちょっとグロテスクというか、SF映画のモンスターとして出てきそうな風体ですよね。

一眼でズーム寄りになると被写体深度が浅くなるのでピントが合う幅が狭くなります。
そのぶん、背景がきれいにボケるので、被写体がくっきり浮かび上げることができます。
ピントを合わせるには、露出優先モードにして絞り込むとピントが合う幅が広くなります。ただ、そのかわりにシャッタースピードが遅くなるので、暗いレンズだと感度(ISO)を400ぐらいまで上げないとうまく写らないことがあります。

自分はシャッタースピード優先モードで1/250~1/125秒、露出補正-0.7ぐらいで撮ることが多いですね。
結局、マクロや生物写真は、カメラまかせだとあまりうまく写りません。
ある程度はマニュアルで設定したほうがいいですよ。
いろいろ試してみるといいですよー。
2011年05月08日 00:30
NOZOさんへ
 サシガメですか~φ(..)メモメモ
 刺すカメムシってことでしょうかね?カメムシってあのカメムシしか知らなかったので、ちょっとびっくりです。えええ~???と思いながらビビっちゃいましたよ。
 被写体がくっきり浮かび上がるとちょっと感激です。
 いろいろくわしくありがとうございます。
 オートでやれば誰でも大丈夫なんて思っていきなりアヤメをマクロで写したら、藍色に紫が混ざった色のちょっと気持ち悪いモノクロのような写り方をして、唖然としてしまいました。あと、カメラの目の位置が違うのにも戸惑いました。
 風景や人物を写してちょっと慣れたところでマクロをやったら、なんとか写すことはできるようになってきました。今度はいろいろ設定をやってみようと思います。
 今、まだ、マニュアルにすると表示される数字や記号の意味を本とくびっぴきで見比べて???しているところです。どこをどう回すんだ~???みたいなね(^_-)-☆さてさて、どこまでできるかなあ~。
 たぶんとっても間抜けな質問をするかと思いますが、笑わずにお付き合いくださいねm(__)m
tomoko
2011年05月08日 07:41
おはようございます。
コメント久しぶりのように思いますけれど、いつも読ませていただいています!
新しいカメラを手にいれ、ワクワクしながら試し撮りしている慶さんが目に浮かびます。 慣れるまでが大変かもしれないですね。 私なんかは特に説明書を読むことがすでに大儀になっていますから、新しい物は苦手です。慶さんはそんなことはないと思いますけど・・・
これから益々、お邪魔するのが楽しみです!
2011年05月08日 12:50
tomokoさんへ
 こんにちわ。
 いつもみてくれてありがとう~今持っているカメラよりもコンパクトなカメラで、お店で覗いた時画面のきれいさに思わず勢いで買ってしまいました。もう、この機種の製造は終わってしまったと言うしね。店頭ではそれほど大変でなく撮れると思ったのですが、どっこい、なかなか…です。携帯電話でもそうですが新しくなった当初は、その扱いがわからず、戸惑うことばかりですよね。確かに取説読むのってめんどくさいです。そして、その通りにやっているつもりでも、まず日付の設定から???です。きっと、慶のようにわからないことがいっぱいの方も(の方が多いのではとの、希望的観測で)いるのではと、戸惑ったり困ったりを記事にしていこうかなと思っています。これからもよろしくね(^_-)-☆

この記事へのトラックバック