迷い込んだお寺で 3月6日

急に家が増えた県立美術館近くで、引っ越してきた友達の家を探していて迷い込んだお寺。

周りにマンションや民家が囲むようにして立っていて、この、マンションかなと行った細道の行き止まりにそのお寺がありました。お寺の名前はわかりません。地図で見ると東光寺ではないかと思いますが。

画像


画像


もう、花も終わりだったけれど、八重咲きのしだれ梅のようです。

その前のお地蔵さん

画像


画像




画像


画像


手水の中の椿が粋ですね。

問答がなんて書いてるのか読みたかったのですが、2人の像の陰で見えないところがあって、よくわかりませんでした。
迷い込んだ道で、ちょっとほっとする風景でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

オラケタル
2011年03月21日 17:15
いいですねぇ
予期しないところで予期しないものを見る。
小さな旅の見っけもの、、、
こんなことってなんだかとっても得したような気分になるものですね。
千代田あたりでも、赤線道路というものがあって、昔の街道や田んぼのあぜ道が細い路地で残っていて、繫がっているところがありますが、なにかないかとはいってみることがあります。
危なくない小さな冒険といったところですか。
やまぶどう
2011年03月21日 18:26
今晩は。
道元禅師は、日本の曹洞宗の開祖とされているそうです。
我が家の菩提寺「永明寺」も曹洞宗ですから、写真に手を合わせなくては・・。
お地蔵さんの新しい頭巾とよだれかけの赤が、春を感じさせてくれますね。
moo
2011年03月21日 21:16
こんばんは、慶さん。

もちろん、この後、
友達の家は見つかったんだよね~!?
(余計な心配^_^;)
思いがけぬ、オマケ!?でした。

6地蔵さんって、
こちらの方にもあるけど、
何か意味があるのかなぁ~?

でも、梅の写真がお気に入りです。(*^_^*)
主役が日陰で、
背景がちょっと露出オーバーの
感じが大好きです。

ありがとうございました。(*^_^*)


2011年03月22日 10:16
オラケタルさんへ
 久しぶりに美術館の方へ行ったら、だいぶ変わってわかりにくくなっていました。たぶんこのお寺ももとはよく見えるお寺だったと思いますが、周りに囲むように家やマンションがあって、お寺の駐車場とマンションの駐車場が一緒になっていました。前は茶畑があったような気がするんですけど。
 急に空が開けたような感じで、晴れてきて、いっそうこれらにスポットライトが当たったようで、なんだか、導かれたって感じでした。そう言えば安東にも上足洗にも延命地蔵がありますね。上足洗の地蔵尊が綺麗になって夜こうこうと灯りがついていてびっくりしました。中も金ぴかで、なんだかご利益がなさそうな気がしちゃいましたけどね。小さな冒険、発見、いいですねヽ(^o^)丿
2011年03月22日 10:25
やまぶどうさんへ
 こんにちわ。ありがとうございます。
 やまぶどうさんに教えていただいて、ちょっと調べてみました。道元が中国に渡って教えをこうたのが天童如浄で、その二人の問答なんですね。道元は24歳で中国に渡ったということは左の背の高い方が道元なんでしょうねえ。右側のお年のいった方の方が、背が丸いため、教えをこうているように見えて、まだ、後ろの文字も読みにくくて意味がわからないままいました。お地蔵さんも6体すべて(当たり前ですけど)姿が違い、赤の前かけと頭巾が、ちょっと今風で、いい感じでした。まだどちらも新しいのかしらね。
2011年03月22日 10:37
mooさんへ
 こんにちわ。
 はい、大丈夫、わかりましたよ。ひとつ前の路地を入ってしまっていました。道が行きどまってしまって、駐車場を利用してUターンしないといけなかったので、ちょっと寄らせていただきました。
 お地蔵さんにもいろいろありますけど、よく、道端にあるのが6地蔵ですよね。確かかさ地蔵のお話のお地蔵さんも6地蔵ですよね。何でも仏教でいう六道輪廻の考えに基づいて6道すべてを救うと言う意味があるそうですよ。 梅の木にも日が当たって、まぶしかったので、体で光を遮ったのですが、後ろまでは覆えなかったので、こんな風に写ってしまいました。たしかこの日は暑いぐらいの日だったので、たぶん最後の梅の花を写せたのかしらね。逆スポットみたいになりました。気にいっていただいてうれしいです。ちょっと花も傷んでいるのでアップしようかどうしようか迷ったんですよ。
 ありがとうございました。(*^。^*)
 

この記事へのトラックバック