信じられない大地震…

本当に言葉を失うとはこのことかと思いました。
昨日地震発生時、たまたま、自宅2階にいました。月曜日に遠方で仕事があり、その行き方など、事業者担当の方を電話で打ち合わせをしているところでした。揺れがひどくなり、途中で電話を切り、その直後揺れがひどくなり、こたつの足にしがみついていました。直後、もう携帯電話は使えなくなり、家電で、電話したところ、実家も誰もおらず、娘のところは電話が通じず、うちのじいじばあばも遠出中。もちろん、オット、息子も仕事で家におらず、TVでは「大津波警報」を叫んでいる。

とりあえず、2歳児と生まれて間もない子どものいる娘のところに走って行った。

2歳児も「家が揺れた❣揺れた❣」とおびえ、娘はとにかく、荷物をまとめるから、お母さんお願いと、水を汲みお湯をわかし、とりあえず炊飯器のスイッチを入れて、荷物をまとめとしている。慶は赤ちゃんをとにかく抱きしめていたけれど、次々の余震で、電気が大きく揺れ、子どもたちを布団をかぶせて収まるのを待つ。

その間にもTVでは、予想もつかない映像が生で写しだされ、回らない口で「くるまがくるまがおみずおみず❣くるま!ぐるぐる❣落ちる落ちる❣」との2歳児の言葉に映像を見て、一体これはどうなっているの?

そして、津波がなめるように川をさかのぼり、家をなぎ倒してどこまでもあがってくる恐ろしい映像が流れ、座り込んで、TVを見ていたこどもは、いわゆる腰が抜けてしまったらしく、立てなくなってしまった。娘が膝に抱きあげたが、2歳児にも恐ろしい事が起きているというのがパニックを引き起こしているのがよくわかった。幸い、静岡市内は直接的な被害はないようで、子どもたちが落ち着いたところで、今度は年寄りの安否確認に。

自宅の方はじいじばあばも無事帰宅。他の家族にも連絡がついた。実家の方も母親は帰宅しており、地震が起きた時はバスで帰宅中で、すぐ近くまで来ていて、停止したままのバスから降りて帰宅したらしい。心配なのが東北にいる甥と姪。どちらも、生存だけは確認できたが、電話が通じず、どこにいるかはわからない状態。

現在東名高速も、国1も、JRも動かないので、(新幹線は動いている)東部地域には行けない状態。海岸沿岸部には避難勧告がでたままになっている。

これは、月曜日の仕事はなくなるかなと思ったら、先ほど電話があり、「車の駐車場は…」とちょっと呑気な事を言っている。少なくとも今の時点では車で、東部に行く道はすべて閉鎖であることを伝えたが、業者は九州の会社なので、どうもその辺がよくわからないらしい。たぶん電気供給が制限されるので、行き先の工場も月曜日の操業ができるのかどうか、そんなところに検診にいくんだろうかって思うんだけれど。一応明日もう一度連絡することになっているけれど…。

それにしても危なかった。いつも半日パートに出る医院で、ちょっとトラブルがあり、帰宅時間が遅くなり、出かけなかったのだけれど、早く終わったら、天気もよさそうだし、下見に行こうかなんて、思っていたんだ。もしも、出かけていたら、帰れなかったよ(;一_一)

今、甥と姪に連絡がつきません。弟は電話が通じないし、安否確認のとりようがなく、不安は大きくのしかかり、お願いだから、地震と津波がとまってと祈るばかりです。


そして、なにりり、大被害に遭われた地域の皆様にお見舞いを申し上げますと共に、一刻も早い終息をお祈りします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tomoko
2011年03月12日 20:09
静岡でも恐い思いをされたんですね。安否の確認が取れないのは、さぞご心配でしょう。ご無事でと、お祈りします。テレビから流れる生の映像に、信じられない思いで釘付けになっていました。
moo
2011年03月12日 21:20
こんばんは、慶さん。

連絡はとれましたか!?
私も、今朝やっと家族と連絡がとれて、
安心しましたが、
それまで、不安ですね!
慶さんも、出かけてなくて、
良かった!
昨日は、出かけていた人は、
帰宅するのに、かなり苦労したようです。
また、帰宅できない人もいたようです。(>_<)

ご無事を、お祈りします。。
オラケタル
2011年03月12日 22:00
静岡では周期の長い揺れが余計に恐怖心を与えたようです。
それにしても、与信の回数が多く、伝統のスイッチがゆらゆらと、、、、
そして、船に乗っているようにスイッチが動かなくてもゆらゆらとした感じがしばらく続きました。
でも、ちょくせつひがいがあんくてなによりでした。
今日のコンビにはトラックが動かないので、パンやおにぎりが品切れ状態でした。被害のなかった土地でもこんなことって有るのですね。
2011年03月13日 10:34
tomokoさんへ
 静岡ではもともと大地震に対する恐怖があるので、いよいよ来たのかと最初思いました。もう、地震の直後から携帯電話は全く使えない状態でした。土曜日夜まで不安定な状態でした。
 これから直接間接的にいろんなところに影響が出てくると思いますが、もう、早速生鮮品が全く入荷なしとなりました。
 TVはもうずっとつけっぱなし。防災メールもしょっちゅう入ってきます。今は原発が心配ですね。
2011年03月13日 10:40
mooさんへ
 こんにちわ。
 そちらも大変でしたね。親戚があちらにいる方も多く、心配はしても、県外にも出られない状態で、こちらも地震の対策をしないといけない状態。
 土曜日の行事はすべて中止。店頭からは生鮮品は何もない状態になり、ガソリンも供給制限がかかりました。月曜日は新幹線で行くしかないかな?でもそんなことまでして出ないといけないのかなんて思ったり…。
 埋め立てをして、道路を海の上に作っているところがあるので、もともとそこは何かあればすぐ通行止めになってしまうんですが、地震のあった10分後には閉鎖になったそうです。
 甥の方には連絡がつきました。姪はいまだに連絡はつかないのですが、それは電気が復旧していないからと思いたいです。
2011年03月13日 10:51
オラケタルさんへ
 変な揺れが長く続きましたね。余震もずっとありましたし。リアルタイムでの映像は本当に怖かったですね。
 よく、山へ逃げろといいますが、バイパスの通っているあたりは地盤が緩く、建物の予想倒壊率は大岩の2倍になるそうです。バイパスに近ければ近いほど危険なのだそうです。(沼地になる)北安東、城北は液状化がおきるそうですよ。
 しばらく入荷がない状態があるかもしれないですね。もともとが生鮮品が朝来てそれを当日買えるような恵まれた場所なので、こういうときには逆に弱いかもしれないですね。
 もう、とにかく何もしないでも食べれる物をストックする予定が、それを食べてしまう家族がおりまして…。家族が多いとなかなか大変です。
 

この記事へのトラックバック