日帰り奈良への弾丸ツアー 最終章(^_-)-☆

平安遷都1300年祭の会場内より、集合時間に間に合うべく、雨でぬかるむ道を友達と二人、猛ダッシュ!

人の波を泳ぎ、せんと君グッズやお土産など見る間もなく、ひたすら集合場所に急ぎ、なんとかセーフ。

丁度来たバスに飛び乗り、次の奈良国立博物館へ。

なんといっても人の波。博物館前には観光バスは止まれずに、春日神社側に駐車してそこから奈良国立博物館まで歩いて行きました。お陰で予定になかったところもちらり見れたりはしたのですが、

画像


奈良国立博物館の建物の屋根の下に人が並んでいるのがわかりますか?この列はずっと続き、テントの列が並んでいるんです。なんと、入場に2時間待ち!の日もあったそうで、この日もかなりの待ち時間。団体での入場も30分は待ったと思いますよ。団体は、はじめは1列に並ぶように言われたのですが(人数確認のため)そのうち2列、そして詰められるだけつめるようにとなり、ぎゅうぎゅう詰めになりました。

なんとか、中に入り、でも中も当然混雑で、皆の目的の螺鈿紫檀五弦琵琶(らでん・したんのごんげんびわ)は、40分待ち!でも裏側からなら見るのはすぐというので、一度並んだものの、裏から見ることに。実際には裏の方が綺麗ですし、裏側からも表側も見えて並んでいる人たちにはちょっと申し訳ないような感じ。

奈良国立博物館は展示の仕方がかわり、四方から見えるようにしてあるし、下に鏡をおいて裏側も見えるようにしてあったりで、とても見やすくなっていました。混んでいた割にじっくり見学出来ましたよ。

ただ、ショップはかなりの混雑で、レジが40分待ち!あきらめて、地下にまわったら、そちらにもショップや喫茶コーナーもあり、休憩コーナーも比較的すいていて、座ることができました。ちょっと一息してまた、集合時間。

集合場所で待つ間、鹿を見ていました。

雨の中でも鹿は公園内を歩きまわり、かわいいですね。

画像


画像


仲良しの2匹には、雨なんてどうってことないのかな? ?

画像


画像


画像


今度は 興福寺 に(ここからは近いので歩いて行くのですが)移動。本当は5重の塔とか、猿沢の池なんかも見たいんですけど、まずは興福寺の国宝館を見なくては~。ここも大きな目的のひとつなので、阿修羅像頑張って見るぞ~~なんて気合を入れて(?)並びました。こちらは比較的短い時間で中に入れてほっとしました。

こちらも撮影禁止なので、写真はありませんが、こちらの国宝館も展示がガラス越しではなくって直に見れるようになり、光もうまく当てて、どの角度からも見えるようになっていました。阿修羅像ばかりでなく国宝がたくさん見られて見どころ満載です。時間がないなかではあったのですが、ここでの見学時間は比較的たっぷりあり、じっくり見てきました。

でもでも、外へ出たら、もう暗くなっていて、目の前にある五重塔もよく見えません。

残念ながら、もう、バスに乗る時間(>_<)

17時25分にバスは静岡に向かい出発。

途中で高速は混んでいるということで、一般道を通り、そこのドライブインで少しだけかいものをする時間があって、お土産やら、伊勢の海産物等を買う事が出来ましたが、奈良での滞在場所では何も買う時間がありませんでした。行きにバスの中で注文してあったお土産があってよかったって感じです。それでもかなり要領よく買い物もできたんじゃないかしら。美味しい伊勢湾の干物もゲットしましたから。
買ってきたお土産のお菓子類も、皆美味しくって、もっと買ってきてもよかったな、お取り寄せしようかななんて思うようなものでしたよ(*^^)v


途中も岡崎ジャンクションから、東名高速に入るのに1時間以上かかるという込み具合で、到着予定時刻10時半を大幅に過ぎた12時でした❣わおう~❣

でもバスの中で、おしゃべりもし、食事もし、そして、しっかり、ぐっすり眠っちゃったので、思ったほど疲れもなく、次の日は元気よく(?)仕事に行きましたとさ。

今度はゆっくり斑鳩の里でも歩いてみたいけど、ゆっくり行けるのは…また何十年後なんてなるかもしれないですね(^_-)-☆その時にちゃんと歩ければの話ですけど。

なんだか、忙しい毎日で、更新がすっかり遅れ、なんと、2週間遅れの記事ですが、お付き合いいただきありがとうございました(*^。^*)







平城遷都1300年記念★奈良のキモゆるキャラせんとくん根付ストラップ(あのね)NK1402
株式会社 StrapyaNext

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平城遷都1300年記念★奈良のキモゆるキャラせんとくん根付ストラップ(あのね)NK1402 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

やまぶどう
2010年11月13日 19:05
今晩は。
鹿が可愛いですね。
最近、富士山麓では車の走る横で草を食べている小鹿に出合います。
以前は車が近付くと逃げたのですが、人慣れしているようです。
鹿の被害も伝えられていますが、こうして見ると可愛い生き物ですね。
どてかぼちゃ
2010年11月14日 10:17
雨の中、お疲れ様でした。
凄い混雑だったようですね。
40分待ちでは
お土産を買うどころではありませんね。
平城宮跡は昔は朱雀門すらなく、
博物館がある程度で
ただただだだっ広い所でしたが、
だんだん復元も進んできましたね。
イベントが終わっても
そのまま建物は残されますから、
ゆっくり見るならば、
イベントが終わってからが狙い目だと思います。
おばさん
2010年11月14日 12:55
強行軍でしたが、多くの事が
吸収出来た旅の様子。
螺鈿紫檀五弦琵琶は、一度見たい
ものの一つです。
阿修羅像も。
滅多に見られないものを、目にする
ことが出来、疲れも飛びますね。
2010年11月14日 13:40
やまぶどうさんへ
 こんにちわ。
 鹿は大きさも丁度手を伸ばすと鹿の顔のところで、そっとやってくると思わず撫ぜたくなります。鹿が仲良くしている姿はほのぼのします。
 本当は人になれるというのはあまりいいことではないんでしょうね。木の陰で雨宿りしているところに、鹿もそっとやってきました。餌がほしかったのか、雨宿りしたかったのか、しばらく静かにたたずんでいて、写真を撮ってもいやがらずにじっとしていました。
2010年11月14日 13:50
どてかぼちゃさんへ
11月7日で1300年祭は終わりということで間際になっていたので、これで天気が良ければもっとすごかったでしょうね。ツアーでなければ何も見れずに帰ってきたかもしれません。博物館入館に2時間待ちなんてなったら、食事もろくにとれずただただ待つだけだったかもしれません。その点、あわただしいとはいえツアーは昼食と夜の軽食もついていたので、良かったです。平城京跡はまだ15%しか復元されていないのだとか。この騒ぎがおさまったら、是非もう一度ゆっくり行きたいと思います。しっかり資料館も見てきたいです。
2010年11月14日 14:05
おば様へ
 弾丸ツアーではありましたが、短時間に3か所しっかりまわってきましたから、急に仕事がフルに入ってしまった毎日から束の間別世界に行ってきた気分です。また、今度は古都をしっかり楽しんできたいと思います。奈良国立博物館の展示物は一度には展示できないので、毎年変えているそうです。それでも全部見るのは60年以上掛かるそうですから、毎年行く価値がありそうですよ。
とんとん
2010年11月14日 23:44
奈良の鹿ですね。大人しそうで可愛らしいですね。
修学旅行以来です。
もう一度見てみたいですね。
鹿せんべい目当てに結構押しが強かったですけどね。(笑)
2010年11月17日 22:46
とんとんさんへ
 はい。雨だったからか夕方になっていたからか、静かに大人しかったですよ。1匹で写っている鹿は雨宿りに来たのか、木の下にいたら、そおっとそばにたたずんでいました。鹿せんべいを持っていたら、また違っていたかもしれないですね。また会いに行きたいです。今度は鹿せんべいあげようかな~❣

この記事へのトラックバック