遊水地にて、蝶々2種

この日の出会った蝶々は少し少なめ。

遠くにいたタテアゲハが逆さになって花にぶら下がって、羽を閉じたり広げたり

画像



模様から、キタテハかしらと思うのですが、よくわかりません。

画像


久しぶりに望遠でとったら、なかなか姿が捉えられず、残念な写真ばかりですけど、まあ一応写っていたので。ずっと羽をゆっくり開閉していたけれど、羽化したばかりだったのかしら?

画像




陽が落ちかけてきて、もう、帰ろうともと来た道とは違う道から帰ろうと迷い込んだ道で、出会った、トンボと、ヒメジャノメ。

 しばらくトンボの姿と追って、水路わきにとまったところを望遠で写したんだけれど、やはり久しぶりの望遠モードでの撮影は難しく、姿を写すだけでやっと。なんのトンボはよくわからない姿です。飛び方からチョウトンボだと思って追いかけたのですが、どうもチョウトンボではなくって糸トンボのようです。ハグロトンボでしょうか。

画像


画像


図鑑ではよく見ていたのですが、生の(?)ジャノメ蝶は初めてだったので、なんとか写真に撮りたいと粘って、なんとか姿を収めました。

画像


この、まん丸の模様は眼に見えるようについているのだとか。上手に眼を描くものですね(^O^)/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

NOZO
2010年10月10日 19:16
キタテハですね。
しかも、翅がギザギザになる秋型です。
ですので、慶さんのおっしゃる通り羽化したてかもしれません。

ハグロトンボもヒメジャノメもきれいに写せていますね。

自分は、今日1日ネイチャークラフトをやっていました。終わった後にちょっと観察~なんて思っていたら、カメラにSDカードが入っていなかった…(爆)
パソコンに差しっぱなしでしたwww
2010年10月11日 10:52
NOZOさんへ
 やはりキタテハなんですか。しかも秋型があるんですね。φ(..)メモメモ お陰さまでNOZOさんお勧めの学研の昆虫図鑑が役立っています。確認したら、夏型秋型ちゃんと載ってました。でもNODOさんの解説がなければ違いがわかりませんでした。ありがとうございます。
ハグロトンボもヒメジャノメもあっていますか?だいぶ見方がわかってきたかしら?慶はいつも接写でばかり写しているので、望遠モードがうまく使えなくって。レンズを変えるわけではなくって単にモードを切り替えるだけなんですけどね、ピントもオートなのに、被写体をなかなかとらえられないです。時々お~いどこ行ったあ~?と心の中で叫んでおります。
カードが入っていない。よくやります。予備のバッテリー充電済み!のはずがあれれ、バッテリー切れのサイン\(◎o◎)/!充電してな~い!肝心な時に限ってやっちまいますねえ。

この記事へのトラックバック