鴨の団体さん(^O^)/

ひまわりの咲いていた用水路にはほら~~、鴨が団体でいたんです。

行きがけにはこんな感じ。

画像


一番前というか奥にいるのはお母さんかなあ。一生懸命泳いでいるのが大きくなった雛かな???

画像



画像



反対側にも、いっぱいいます。


画像



画像


画像



画像


確認できただけで、25匹でした(^O^)/

帰りに寄ってみたら、もっと密集してましたよ~~~。

画像


  家に帰ったら、オットの留守に慶は脱走したので、一応オットは心配していたらしいです。

  「帰ったらさあいないっけもんでさあ、どこいっつらと思ってさあ(しぞ~か便です)」

  「鴨がい~~ぱい いたよ(^O^)/」

    というと画面をのぞいて

   
  「カモ~~ン❣」だってさ

  「え??」

  「鴨だからカモ~ン(*^^)v」

  ガック~ン(>_<)




  で?  蓮の花は???

     はいはい、またまた続いちゃいます~~~(^^♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年08月02日 18:31
他のカモさんたちは、みんな渡ってしまっているので、今はカルガモの天下ですよね~。

カルガモは、オスもメスも若鳥もみーんな同じ羽色なので、ずっと見ていると飽きるのが難点ですw。
行動観察していても、あんまり特徴のある行動をするわけでもないし。
見かけると「あぁ、いるな」で終わっちゃうんですよね。

もうしばらくは、水面がこのカルガモさんたちの天下ですね。
2010年08月02日 22:16
NOZOさんへ
 あまりにたくさんいるのでちょっとびっくりしました。
 確かにみな同じで、飽きるかも(笑)でも慶は鴨にしろ鳥にしろ虫にしろ、今までぜんぜん見てなかったので、そういう意味ではけっこう面白いです。泳いでる~(^^♪みたいなね(*^^)v
 こちらでごめんなさい。図鑑の事ありがとうございました。NOZOさんも同じ理由でがっかりでちょっと嬉しかったです。昆虫に当然トンボや蝶は入っていると思いますものね。蝉もクマゼミはのってなかったです(タラ~)。
 たぶんあほ~な観察文も載せちゃう事もあるかと思いますので、その時はご指摘くださいね。
 
2010年08月03日 17:40
ウチの近くの大谷川放水路にも、カモが沢山泳いでいますよ。水の中は暑さに関係ないので、いつも羨ましく見ています。それよりも、ネギを背負って来ないかなぁと、待ち焦がれる毎日^^;
2010年08月03日 18:40
ベンさんへ
 ということは、この水路から大谷川放水路に流れているから、もしかしたら、そっちまで移動しているかもしれないですね。ベンさん、ヨダレ垂らして見てちゃだめよ。鴨鳥権ベンさんになっちゃうよ。それにしても、身近にけっこう鴨っているんですね。
2010年08月03日 21:05
こんばんは、慶さん。

25匹とは、すごいなぁ~!
カルガモ?は大所帯だからかな?

しぞ~か弁で心配してもらって、
良かったですね!(^_-)-☆

私のしぞーか弁、初体験は
川根の友達と釣りに行った時の、
「イカイナ~!」でした。

ありがとうございました。
2010年08月04日 00:08
mooさんへ
 こんばんわ。
 ねっびっくりでしょ。通りかかった人皆で数えちゃいました。2家族か3家族か、堰の近くでは2匹同じ鴨がいて、そこに泳いでくるのがいると体を横にして堰に行かないようにしていましたから、親かしらね。
 オットはたぶん捨てられたかと不安になったんじゃないかしら(*^^)vまだ、餌で釣れるわホホホ(^O^)/
 川根だと「いかいさかなんつれたんだに」かな?静岡市だと「いかいさかなんつれたっけやあ」=大きい魚が釣れたよ。下伊那だとやはり「釣れたんだに」開田はどうですか?
 いやああんた、きょうはわるいっけねえ=mooさん、今日は(も)ありがとうございました。 

この記事へのトラックバック