木曽御岳への旅 日の入りそして朝

 2泊目も早々宿に着き、チェックインまでの間、周辺を散策。


画像


 こぶしの木が柔らかい青空に映えていた。

画像


 足元の 白いすみれ。5ミリほどのかわいい花だった。

 目の前に御岳山が見えて気持ちいい宿だったよ。

 お風呂はいつでも入れるというので、早々お風呂に入って、ここのお風呂は濁り湯っていうのかしら、湯の中が何も見えないほど。入る時も気をつけないとお風呂の中の段も見えないんだよ。

 ちょっと緩めで、湯の花が浮かぶ中、自分の体も、一緒に入っている人の体も何も見えないから、なんだか部屋の中でゆったり話をしているように、お風呂に入っている人と話がはずんだよ。

 お湯が柔らかで、(よく柔らかいお湯って言うけれど本当に柔らかだった)、いつまでも入っていたいようなまったりとしたお湯。

 2晩連泊しているという人から、(毎年来ているんですって)この辺の事や、御嶽山のことや奈良井宿のことを聞いた。

 明日はどっち周りで帰ろうか考えていたところだったので、(奈良井宿を見て塩尻に出るか、妻籠・馬篭の方に行って中津川に出るか)尋ねてみると、「奈良井宿はぜひ行ってみてください。でも駐車場が無くなると入れないから、早めに行った方がいいですよ。とのことだった。

 お風呂から出て、そのことを話すと
 「よし、明日は奈良井宿!塩尻に出る!」と夫は即答。

 「でもその前になめこは買うぞ!」  さよか~。

 部屋から御岳山が目の前に見えるのだけれど、ちょうど夕陽がまっすぐ入ってきてまぶしいので、せっかくの御岳が見えないんだ~。それにガラスが2重窓で、開けないようにと書いてあるので、部屋の中からの写真が撮れない。

 日の入りが見えるところまで車で移動しようかと思ったのだけれど、ちょうど今日の泊まりの人が大勢入ってきて、車が出せなくなってしまった。

 だから、前の道路で、日の入りを見ることに。

 ちょっと御岳は影になっているけれど、しばらく日の入りに見入って写真を撮ったよ。

 はじめは雲が掛かってしまっていて御岳が雲に溶け込んでしまっていたんだ。

 もう、太陽は山影に入ってしまった時、雲が急に切れてきて、空が明るくなったよ。
 
画像


画像



  どんどん雲が無くなって、空が逆に明るくなったよ。

画像


  ヤドリギ(?)が丸く浮かんでかわいい、木のシルエット。

画像


 この丸くなっているのってあちこちで見かけたよ。

画像


 これがこの丸の正体です。ヤドリギ(宿木)もこうやってみるとちゃんとした植物に見えますね。

画像


 でも、ヤドリギは冬枯れの時に青々しているので、宿主にはよくないらしいです。くわしくは→こちらを見て下さいね。富士にお住まいのやまぶどうさんもヤドリギを見て記事にされています。やまぶどうさんの記事を見ていなければ宿木って気づかなかったと思います。

 御嶽山も、ちょっぴり見えてきましたよ。

画像


 これは翌朝も日の出を見なくっちゃと思って超早起きして、車を出そうと思ったんだけど、残念ながら、玄関にカギとシャッターが掛かっていて脱走不可能。

 仕方がないので、部屋の窓から、御嶽山が明るくなってくるのを見ていたよ。

 2重窓の部屋の窓からの撮影です。4時28分でした。

画像


 しばらく明るくなるのを見てから、5時に朝風呂。
 
 さすがに誰もいなくって、ちょっと寒かったけれど、思い切って生まれて初めての露天風呂に入っちゃいました(^^)v
 中のお風呂はヌル好きの慶でも、ちょい寒❣だったんですけど、露天風呂はお湯があったかくて、夜が明けるのが見えて鳥の声が聞こえて…。つい長湯しちゃいましたよ。
 お陰で、お肌つるつるです。本当に何日か経った今でも、今までの乾燥肌が嘘のようですよ。本気で木曽温泉の湯がほしい慶でした~。
 
                                 3日目に続く~~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年05月11日 21:51
こんばんは、慶さん。

二日目は、木曽温泉でしたか。
私も初めて開田を訪れた時は秋の木曽温泉
(別館の鹿瀬温泉)でした。
もう、40年くらい前になりますが・・。^_^;
ほんとに、目の前に御岳山がドーンと
見えて、いい宿ですよね。

上空に光芒が伸びて、
雲がとれ、御岳山も現れて、
感動の夕日でしたね。(^_^)v
なかなか、こんなシーンは見れないですよ!
誰かさんの「気」が効いたのかな~!?^_^;

開田にもヤドリギが多いです。
自分でも光合成するようだけど、
とりつかれた木は、迷惑なんだろうね。(-.-)
でも、実がなったりしているのを見ると、
綺麗だな~、と思うこともあります。

朝の御岳山、脱走不可!残念!

朝風呂、気持ち良さそう。
露天風呂、初めてだったんだ~!
内風呂と違って、のぼせなくていいと思います。

開田の「やまゆり荘」の露天風呂もいいよ!
またの機会に入って見てくださいね。

いよいよ、終盤ですね。

2010年05月12日 00:59
mooさんへ
 こんばんわ
 いつもありがとうございます。
 もうちょっと御嶽山が見える位置だったらもっとよかったですけど、この時間え~って思うほど車が入ってきてびっくりしました。食事とお風呂だけっていう登山者やスキー客もいたようでした。外でテントや車の後ろにタープを張ってという人たちもいました。
 本当にどの部屋からも御岳山が見えるのには感激ですね。リピーターも多いようです。
 夕方雲が多くなってしまって御岳が隠れてしまったのに、夕陽が入る時になって雲が切れてきて、そうそうどなたかの「気」がび~~んって来たんですね。何枚も写真を撮ってしまいました。でも逆光なので難しいですね。本当は御岳の山の上に見える方がいいかなと思ったんですけど、うまく写せなかったので、急いで右の方に移動して、写しました。何人かカメラマンがいましたよ(^_-)-☆やっぱり右に走って行きましたよ。危うく蹴飛ばされるところ。3脚にね(^_-)-☆
 宿木をこんなにたくさん見るのは初めてでした。あちこちで見かけました。うまく丸くなるものですね。
 そうなの。朝はりきって行くぞ~との気合はもろくも木端微塵。この気合はどこへ持っていこう~みたいなね。
 お陰で贅沢な朝風呂に入れました。のぼせもないし湯ざめもなかったです。毎年来るという方がいるのもうなずけます。「やまゆり荘」ですね。今度は早めに予約しますね。ここも申し込んだのが最後の一部屋だったようですし、2日の日は、ほんとにここだけしか空いていなかったんですよ。他の日は少し空きがあるようでした。
 いよいよ終盤なんですが~、ちっとも終わらないです。今度は木曽路です。
 長々で退屈じゃないですか?どんどん読み飛ばしちゃってくださいね。(^_-)-☆ 
2010年05月13日 22:00
素晴らしい眺めの中での
露天風呂での朝風呂なんて最高ですね。
2010年05月13日 23:09
どてかぼちゃさんへ
 今まで露天風呂ってちょっと(いやだいぶ)抵抗があったんですけど、露天風呂巡りをする人の気持ちがやっとわかりました。お湯もいいお湯で良かったですよ。しかも独り占めですものね(^^)v

この記事へのトラックバック