木曽御岳山の旅 1日目 前半編

思い切ってというか、思いがけずというかで、5月1,2,3日に、夫と木曽に出かけてきました。

 ツアーで出かけたり、下伊那の親戚の家に泊まったりはあったけれど、宿の予約やルートを調べたりを自分でやってという旅行は、結婚して27年、今回が初めてです。夫婦で何日か家を空けるっていうのは、なかなかできなかったんです。と、ある意味、自分で自分を縛っていたところがあったんですけど、最近、その辺を思いっきりぶっ飛ばして、やりたい事をやって、行きたいところに行こう、後は野となれ山となれと思うようになったんです。

 めずらしく出不精の夫も腰を上げて、むしろガイド本や地図を買ってきて読んだりして楽しみにしている様子。
 
 いつも下伊那に行くには静岡市内から東名を西に行って岡崎から、恵那方に抜けるか、いったん東に興津から52号を富士川沿いに上がって行くか、朝霧高原から精進湖を回って甲府南に抜けて中央高速に入るというコースで行っていました。

 今回ルートナビで検索したら、岡崎回りだと伊那まで8時間、御殿場から河口湖インターに抜けるコースならなんと4時間と出たので、初めて御殿場周りで行ってみました。

 東名高速にのったのが午前8時。(清水インター)途中少し富士の手前で混みましたが、順調に流れ、混んでいる反対側には申し訳ないようなスムーズさ。

富士市、御殿場市に入るとさすがに富士がきれいで、途中止まれればよかったのですが、先を急いでいたので、車中からの富士山です。

画像



 御殿場から須走、河口湖インターへはとてもスムーズで30分ほどで、中央高速に入り、大月ジャンクションから名古屋方面に入りひたすら西へ。

 とても景観がよく、右に中央アルプス、左に南アルプス、右手奥には北アルプスまでよく見えました。

 車中からの左の南アルプス 正面に見えてきた八ヶ岳連峰です。自分で運転していないときは、車中からも写せるからいいですね(*^^)v
 
 とはいえやはり写真はぶれているし、ガラス越しなので鮮明さには欠けますけど。

画像


画像

 
 道路がスムーズに動いているといっても、車は多くサービスエリアも大きいところは混雑していました。

 八ヶ岳サービスエリアで休憩。早い早い昼食を取りました。(10時半ごろ)
  
 伊那インターにもほどなくついて、新しく伊那から木曽に入る、中央アルプスを縦貫した、権兵衛トンネルを通って、木曽に抜けました。
 難所だった権兵衛峠をあっという間に通り抜け、大きなループのようなカーブを抜ければそこはもう、木曽。

予定では、明日木曽福島を回ってみる予定だったんですけど、まだ、1時なので、このまま道なりに木曽福島に行ってみました。
 
 権兵衛トンネルを抜けて、木曽街道にでて、初めの道の駅「日義 木曽駒高原」に寄ってみました。

 丁度ここは木曽街道の中心地だそうで、景観もよく、スケッチをしている方も大勢いました。
  
画像


 スケッチしている方の位置から写してみました。
  
 
画像


 慶は下伊那の出身なので、この反対側からの駒ケ岳の姿は見たことがあるのですが、木曽側からの姿は初めてです。違うお山のように見えました。


 この道の駅で木曽町のパンフレットをいろいろいただいて、特に木曽町の地図はとっても役にたちました。売っている観光の本では木曽の方は少ししか載っていないんですよね。南信州.comなんかは南信州の情報がたくさん載っているのですが、残念ながら木曽の方はちょっと別枠って感じなんです。
 
 ここで、「寝覚の床」への行き方と泊まりのホテルへの行き方を確認して、まずは「寝覚の床」へ行ってみました。

 道の駅の情報の載っている本では、「寝覚の床」の駐車場は1か所で、有料500円となっていましたが、有料駐車場の横にレストランとお土産屋さんが併設しているところがあって、そこは駐車場の料金はいらなかったので、そちらに車を止めました。
 
 その建物をくぐり下りるようにして急な階段があって、本当にここを降りるのというような急な階段を下りると、中央本線の線路にでて、そのゲートをくぐってさらにさらに、道なりに歩いて下ると、河原におりる道が現れてきました。

 
画像


 だんだん石というか岩が出てきて、どど~~~んと、雄大な景観になりました。

 
画像

※写真をクリックすると別画面が開き、そこで再度クリックしてみたください。画面が拡大されますからスクロールしてみていただくと岩の上に人が大勢載っているのがご覧になれます。


 右にそのまま進むと岩のところ、左は公園になっていたので、先に公園の方に寄ってみました。もう桜は散ってしまっていましたが、八重桜が咲いていましたよ。

 
画像


  この正面に見える山の樹のない部分の、真ん中より少し左側に祠があって(写真をクリックして別画面を開き、さらにもう一度クリックすると画面が大きくなります)、ここが名前の由来のところです。その昔浦島太郎が、この祠のところで玉手箱を開けてしまい、アッという間に300歳のおじいさんになってしまったという「寝覚め」の場所なので、この辺を「寝覚の床」というそうです。
 
画像



 ここから、右の方に進んでいくと、綺麗な渓流の上に聳え立つ花崗岩の柱が並ぶ素晴らしい景観になってきます。

画像


この素晴らしい景観は、まだまだ続きますよ~。 



 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年05月05日 19:39
こんばんは、慶さん。

いや~!すごい意気込みが
下の言葉からも伝わってきます。
「・・・思いっきりぶっ飛ばして・・・」(@_@)

静岡市内からにしても、
木曽方面へのルート、参考になります。
こんど、川根へ行く時、試してみます。

「権兵衛トンネル」便利ですよね。
開田から伊那へ桜の撮影に行く時は、
便利で、伊那インターまで一時間で
行っちゃいます。

日義の道の駅、その周辺の景色、
いつも通っていますが、
慶さんの目からの風景、新鮮です。(*^_^*)

寝ざめの床も良かったでしょう!
自然の芸術とでも言うのでしょう、
上に新緑を入れた構図、
お気に入りです。(^_^)v

次はいよいよ、開田かな?

ありがとうございました。

2010年05月05日 21:04
道路が空いていて良かったですね。
それにしても、高速道路からの眺めや
浦島太郎ゆかりの地での景色などなど
どれも素晴らしいですね。
天気にも恵まれて良かったですね。
2010年05月05日 21:14
mooさんへ
 mooさん、こんばんわ
 意気込み?鼻息?ぶんぶんぶん❣で行っちゃいました。「嫁」という立場に今まで縛られていると思っていたのですが、自分で縛っていたのだと気づいたんです。そのうちいけるようになるよなんて言われたりするんですけど、「行ける時」なんていつまでたっても来ないんですよ。自分でGO~です。あわてて、夫がくっついてきちゃったんですけど、まあわんこのようなものですからしょうがない連れてったりました(^^♪
 権兵衛トンネル、びっくりしました。昔は木曽に行くのは本当に大変でしたものね。恵那からの方がまだ楽ですかね。帰りに塩尻に回って帰りましたがこちらも便がいいです。道の駅も充実していますから。19号で塩尻に出て中央高速が早いかもしれないですよ。帰りは須走からはさすがに動かなくなってしまいましたが、景観がいいですから同じ混んでも気分が違います。
 寝覚めの床、びっくりしました❣すごいですね~。それに浦島太郎がここにでてくるとは、驚きです。開田は次の次かも~~。慶は結構一つの記事が長~くなってしまうんですねえ。なっかなか進みませんが、お付き合いくださいね~。
2010年05月05日 22:18
慶さん お帰りなさい。(^^)
木曽の旅、楽しまれた様で旅行記を待ってました!
僕はこれだけ多くの回数を木曽通いしてますが、
全て南側の馬籠・妻籠から入るルートなので、
権兵衛トンネル側から木曽に入ったことがないので
興味津々です。o(^-^)o ワクワク
日義の道の駅のスケッチフォトいいですね。
こんな素敵な場所を即モノにしちゃうなんてスゴイ!
確かGWは1回だけ寝覚めの床の少し上流で釣りしてましたよ。(笑)
あっ、釣りも保険入ってま~す。(≧▽≦)/
↓の黄色いお花のマクロ写真も素敵でした。
とても愛らしく撮られますネ!(^_-)-☆パチッ
次はいよいよ開田高原でしょうか。
楽しみにしております!
2010年05月05日 23:38
どてかぼちゃさんへ
 今度こそ、コメントがつけられるかしら?混みあっているせいか自分のブログにコメントがつかられないなんて…
 思った以上に景色もよく最後にこんだところもありましたが、おおむね順調でした。木曽って距離的には決して遠いところではないんですが、今までは静岡からはちょっと不便でした。これで道はわかったので、今度は下伊那の親戚に来た時には、こちらにも寄って帰ろうと思っています。
2010年05月06日 00:06
irakaさんへ
 行ってきました~。木曽はいいところでしたね~。今度権兵衛トンネルから伊那に行ってみて下さいな。伊那もいいところですよ。
 日義の道の駅の右奥の方です。お土産屋さんだけで帰ってしまったら、気がつかなかったと思うんですが、お土産屋さんと屋台との間をすり抜けていったら休憩所があって、その隅にスケッチをしている方が何人もいたので、樹をすり抜けて行ってみたら、さすがにスケッチするだけの価値のある景色でした。
 もし、釣りをなさったのが1日ならどこかですれ違っているかもしれないですね。1日はこの辺何回もうろうろしていましたから。川が綺麗なところですね。
 開田高原も御岳も本当によかったです。irakaさんやmooさんにお見せするのは本当に恥ずかしいですけど、素人の旅行記ということで見て下さいね。
minigarden
2010年05月09日 14:16
素晴らしい景色に圧倒です!!
クリックして拡大しても、写真が細部にわたってすごいです。
ご主人と二人旅もいいですねぇ。
思い切って出かけてみるもんですよね!!
2010年05月09日 21:38
minigardenさんへ
 すごいでしょ~。人と比べるとこの大きさがよくわかっていただけると思いますが、ほんと自然ってすごいなあって思いますよね。
 はじめはね、ゴールデンウィークなんて嫌いってオットに言ったことからなんですよ。だって3食×何日でそれに家族の人数なんですものね。皆出かけてくれてるなら休めるけどねなんて言ったらいつも自分からどこかに行こうなんて言わなかったんですけど、今回はオットから泊まりでどこかに行こうかって言ってくれたんですよ。でも気がついたんですよ。今までだって行こうと思えば行けたのに自分でだって誰々がこうだからとか、何々があるからって自分で勝手に思ったいただけなんですね。

この記事へのトラックバック