木曽御岳への旅 御岳山が綺麗でした。

5月1~3日までの、木曽への旅を終えて、無事帰宅しました(*^^)v

洗濯を2回分、明日のご飯の準備、そして、写真の整理と今やっと終わりました。

詳しい事は、また次回にして、御岳山にかじりついて、夜明けも夕暮れも写真を撮りましたよ~。

思った以上に、御岳山は雄大で、綺麗でした。なんて言葉では言い表せないです。かといって写真でも、とても表現できないですけど、何十分の1でもお伝えしたいと思います。

とりあえず、定番になってしまいますが、御嶽山の姿を~~


画像



お花もへばりついて写してきました。

写真ばかり400枚以上とったんですけど、満足っていうのはあまりなかったんですけど^_^;

こちらはキンポウゲの蕾かな?

画像



また、順を追って旅の様子をご報告しま~す。

御岳山かじりつきだけでなく、寝覚の床や奈良井宿 木曽馬の里など、いっぱい見てきましたよ~。

画像



長~いお話になるかも~。→続く~~(*^^)v

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

moo
2010年05月04日 08:40
おはようございます、慶さん。

長旅、お疲れ様でした。
深夜まで、片付け等ご苦労様です。

残念ながら、お見かけできませんでしたが、
お天気も良く、
また、たくさん写真とられて様で、
良かったです。
体調はいかがでしたか?

私は、今日まで、仕事です。
これから、出勤です。(-.-)

木曽路の写真、
のんびり、楽しみにしています。(^_-)-☆

では、まずは、
お疲れを癒してください。
2010年05月04日 11:43
mooさんへ
こんにちわ。早速のコメントありがとうございます。mooさんの魅了されている開田の魅力に少しだけ触れてきましたよ。
楽しい旅だったので、片付きも苦にならないのが不思議です。すごいカメラを持った方や、登山やスキーに行かれる方がいっぱいいて、普段では見ることのない世界も覗いたような感じです。
やっぱり空気がいいんでしょうか。すっかり忘れていました。(薬は飲んでしましたが)それにお湯もいいようで、乾燥肌ですぐ掻いてしまうのですが、あちこちつるつるしていて気持ちいいです。すっかりリフレッシュしてきました(*^^)v
mooさんの絵葉書2種、しっかり購入してきましたよ~。ありがとうございましたm(__)m
2010年05月04日 14:50
木曽の旅、無事にお帰りなさい!
さすが木曽御岳山、まだまだ白いシャッポを被っていますね~写真の整理だけでも大変でしょう?キンポウゲ(ウマノアシガタ)にしては花の萼の様子に違和感が・・オヘビイチゴなどの仲間の様子に似ているような?全体像があればよいのですが・・素敵に捉えられていますね~お馬さん繋がり(ウマノアシガタ)ならいいのですがヘ(^o^)/
2010年05月04日 17:33
nobaraさんへ
 行ってきました~。御嶽山は上のほうではスキーをやっていましたよ。
 写真は、風景とマクロ撮影を交互にやったり、車の中から写したものもあったりで、思うようには撮れていなかったですが、旅は写真に写すより心に止めろと言いますから、その点ではしっかり心に刻んできましたよ。お花の名前も、全体を写したものもありますから、また教えてくださいね。
オラケタル
2010年05月04日 21:49
御嶽山、右に継子岳左に剣が峰を広げて見せるのは開田高原当たりからですか?
飛騨側からは何回も登っていますが、木曽福島の盆踊りのとき降ってきたことがあります。
あれから、何十年若き日を思い出す写真です。
2010年05月04日 22:22
お帰りなさいませ。
御岳山、まだ雪がたっぷり積もっているですねー。
400枚の写真とは凄いですね。
これから整理するだけでも大変そうですね。
今後の旅行記、楽しみにしております。
2010年05月05日 09:57
オラケタルさんへ
 さすがに、オラケタルさん。よくご存じですね。一泊目が王滝村に泊まり、そこから木曽村に入り開田高原からロープウエイに向かって登って行ったところです。この道を下ると木曽福島になります。
御岳山は写真一枚には収まらないような雄大な山ですね。飛騨側からの御岳はどんなふうに見えますか?飛騨の方にも行ってきたくなりました。
2010年05月05日 10:03
どてかぼちゃさんへ
 ただいま~。カメラの機能が良くなって、まったく充電切れもなくメモリーも余裕があり、気がついたら400枚ごえでした。本当に楽になりましたね。大きなカメラを持っている人が大勢いましたよ。旅行記というよりどたばた道中記ですけどね(^_-)-☆

この記事へのトラックバック